トップページ > 短期滞在ビザ

短期滞在ビザ

さむらい行政書士法人は許可を保証します。

短期滞在のビザ

短期滞在のビザは、

親族を日本に呼ぶ場合

ビジネス(商用)で日本に呼ぶ場合

の2つのパターンがあります。

その場合の準備する書類は  と  でそれぞれ違いますが、どちらにも共通することを解説します。

  • 短期滞在ビザは本国(現地)の日本大使館・総領事館に申請します。日本で申請するものではありません。
  • 国によっては大使館にではなく、現地の代理機関を通して申請すると決められていることもあります。
  • 短期滞在ビザの在留期間は「15日」「30日」「90日」の3種類です。
  • 収益を伴う仕事は行うことができません。商用でも短期滞在で来れますが収益をあげられませんということです。

申請のポイント

  • 日本で準備する書類が重要です。特に招へい理由書が審査ポイントになります。
  • 理由書では招へい人と申請者との関係を詳細に説明しなければなりません。
  • 不許可の場合は、同じ理由では再申請が6ヶ月間できません。
  • 短期滞在ビザで何度も日本に来ている場合は、疑われ不許可になることがあります。
  • 短期滞在が許可になったら、3ヶ月以内に日本に入国する必要があります。
  • 短期滞在を延長(更新)したい場合、相当の理由が必要となります。

必要書類については国ごとの日本領事館のホームページに最新情報が載ってます。
中国なら在中国日本領事館、フィリピンなら在フィリピン日本領事館です。
国ごとに必要書類が異なるので注意が必要です。

→短期滞在の延長について

無料相談のお申込みフォーム

まずは資料をみたいという方資料請求フォームへ

はじめてのお客様専用ダイヤル

東京エリア03-3831-2505名古屋エリア052-446-5087中国語070-5376-4355韓国語080-4670-2341English080-4941-0978

ビザ申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

許可を取るためには

ビザ不許可時サポート

比較してみました

就労ビザ

就労ビザ

企業の方へ

企業の方へ

結婚・離婚

結婚・離婚

身分関係のビザ

身分関係のビザ

日本国籍取得

日本国籍取得

オーバーステイ・不法滞在

オーバーステイ・不法滞在

ご利用案内

ご利用案内

サイト運営者

サイト運営者

このサイトについて

このサイトについて