ビザ申請書ダウンロード

ビザ必要書類一覧

許可を取るためには

ビザ不許可時サポート

比較してみました

外国人ビザトップ > お客様の声

お客様の声

過去にもインタビューを受けてくださった「合同会社OKセラー」の代表社員 師 碩陽さまの奥さま、陳 希さまへインタビュー。「家族滞在ビザ」をご依頼いただいた経緯などについて、ご夫婦にお話を伺いました。

プロフィール

お名前 陳 希さま
国籍 中国(江蘇省出身)

申請

2016年1月26日

許可

2016年2月27日

日本で展開している事業の中心を、個人向け小売業から、法人向け卸売業に転換中

前回、ご主人の師さまのお話を伺ってから約4ヶ月。その後、日本での事業はいかがですか?

ご主人さま)おかげさまで、順調です。来日当初は、個人向けの小売業を考えていましたが、法人向けの卸売業に転換中です。

現在も来日当初に6ヶ月間契約した秋葉原にあるレンタルオフィス(約2平米)を借りているのですが、倉庫が必要になったこともあり、6月からは事務所(約20平米)に移転する予定です。

順調ですね。いま、人気があるのはどんな商品ですか?

ご主人さま)いま人気があるのは、化粧品ですね。中でも、ある日本メーカーの日焼け止めは、中国でたいへん人気があります。

さむらい行政書士法人に、また依頼したのは6つの理由から

奥さまの家族滞在ビザをご依頼いただき、無事に取得できたそうですね

ご主人さま)はい、ありがとうございます。おかげさまで、夫婦ふたりで日本滞在ができるようになりました。これは、当初の計画どおりです。先に私が来日し、事業を軌道に乗せる。その後、妻を呼び事業を手伝ってもらう。雇用を増やし、さらに事業拡大するという、以前お話した計画のとおりです。

当時、ご主人さまは、さむらい行政書士法人を選んだ理由が3つあると言いました

ご主人さま)そうですね。「ビザ専門の行政書士」「リスクを解説してくれた」「100%の成功実績と保証制度(返金規定)」の3つだったと思いますが、さらに「中国人スタッフがいる」「経営管理ビザの対応が良かった」というのもありました。今回は、6つ目として「私たちのことを理解してくれている」というのは加わりましたね。

ご夫婦としての経歴

2012年6月 ご結婚
2015年10月

(ご主人さま)在留資格「経営・管理」を取得

2015年12月

(ご主人さま)来日。日本での事業を開始

2016年1月12日

家族滞在ビザの申請

2016年2月17日

在留許可

2016年3月24日

奥さまが来日

2016年4月

日本語学校に通学開始(1年間)

人材を雇用するので、次も、さむらい行政書士に依頼したい

今後の事業計画を教えてください

ご主人さま)6月の事務所移転の次は、中国から人材を雇用する予定です。該当する人材は現在学生ですから、卒業まで待たなければなりません。ですから、来日は早くても今年の9月以降。6月頃になったら、またさむらい行政書士法人に、雇用のための在留資格を依頼する予定です。

プライベートでは、どんな計画を立てていますか?

奥さま)以前、観光で来日したときには、港町の神戸を見たかったので大阪や京都を含めた関西地域に行きました。今後は、北海道でスキーをしてみたいですし、沖縄の海にも行ってみたいです。事業が軌道にのり、日本語がもっと上達したら、行ってみたいですね。いまから、楽しみです。

取材日:2016年4月